ペットグッズ通販ならワントゥハウンズ

ワントゥハウンズ
カートに商品がありません。

現在の中身:0点



 

日常的な健康チェックポイント

愛犬が毎日元気でいてくれることは、飼い主様にとって何よりも嬉しいことだと思います。
いつまでも元気で一緒に過ごすためにも、愛犬の体調の変化を見逃さないようにしたいものです。
の体調に関しては、「食欲」「元気」「排泄状況」それぞれはもちろんですが、それぞれの兼ね合いをしっかりと観察してあげましょう。

食欲

いつも食欲があるのに食べない、食べたものを繰り返しよく吐く、水をいつも以上にたくさん飲み過ぎているなど、いつもと違う、様子がおかしいと思ったら、素人の勝手な判断は危険です。食欲がない場合、食べたくない原因がどこかにあるはずです。

「お腹がごろごろいっている」「食べないけど水はがぼがぼ飲む」のように、本当の体調不良を訴えているのか、または「ごはんのニオイが酸っぱい」「味(ニオイ)が好きじゃない」「トッピングがかかっていない」「ごはんよりもおやつが欲しい」など、食に対する警戒または不満を訴えているだけなのかどうかの判断も大切です。

朝の食事で食べなかったとしても、夕方の食事にはがっついていることもありますので、早とちりせずじっくりと観察を行なってください。食欲がない上に、嘔吐、落ち着かない(横たわっていられないなど)、開口呼吸(苦しそうに口で呼吸をする)、歯茎の色が青紫がかっている、などの症状・行動変化が伴う場合には、早急に動物病院へ連れて行ってあげてください。

元気

私たちが体調を崩すと顔の表情や行動に現れます。体調を崩すと犬も同様で、「いつも喜んで散歩に出るのに今日は面倒くさそう」・・・など反応が鈍ります。

元気がないだけでなく、「足を引きずっている・歩き方がおかしい」「頭を振り続けて遊んでいるどころじゃない」「震えている」「名前を呼んでもしっぽを振ってくれない」などの変化もしっかりと観察してあげることで、早期発見につながることが多々あります。

排泄状況

排泄で犬の健康状態を知ることができます。そのため、日頃から愛犬のうんちの形や色、大きさ、回数なども観察し、元気な時の排泄状況を把握しておきましょう。そうすることで、おしっこがやけに黄色い、うんちがゆるいなど、普段との違いがすぐに分かり、見分けることができるようになります。

排尿、排便の頻度や色、ニオイなどは、体調をお知らせしてくれる大切な情報です。フードのブランドを変えたり、食べたことのないおやつをもらったりするだけでも排泄に影響するところはありますので、毎日の生活習慣を把握しておいてあげましょう。

愛犬の体調や行動面の変化に気づくためには、日頃から観察することが大切です。
日頃から「いつもの行動」「いつもの様子」を観察することで、「いつもと違う」ことを発見でき、予防につながります。