ペットグッズ通販ならワントゥハウンズ

ワントゥハウンズ
カートに商品がありません。

現在の中身:0点



 

首輪の素材について

愛犬の首輪は、長く使用していく大切なものです。首輪にはいろんな種類があり、様々な素材が使用されています。それぞれ異なった特徴がありますので、選ぶ際に迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで、こちらでは首輪の素材についてご紹介いたします。

首輪の役割について

首輪は、誰かに飼われていることを証明するものであり、名前や住所などを記載しておけば迷子札の役割も果たしてくれます。海外諸国とは違い、日本では「窮屈な首輪から解放させる」ためなのか、家に帰るとほとんどの犬たちが首輪を外されます。でも、本当は「いざ何かあった時に」のための首輪です。すぐに掴みたい時、移動したい時、犬が倒れた時などの「いざ」という場面で、首輪は役割を発揮します。もちろん「いざ」家から逃げた時にも、IDタグがついている首輪はついていて当たり前なのです。本来は、首輪は犬に取って窮屈でも何でもないものです。

首輪の素材

首輪の素材には主に以下のものがあり、それぞれに特徴を持っています。

・ナイロン製

使い勝手が良く、カラフル。値段もお手頃で、デザイン性の高い首輪が多い素材です。
柔らかくて軽いため、つけ心地も良く、ストレスになりにくい首輪になります。軽いですが固く、首の毛が切れてくることもあります。

・コットン製

こちらもデザイン性が高くおしゃれで、色や柄も豊富に揃っている素材になります。
肌に優しく、アレルギー体質の子にも良く、洗えます。しかし、消耗しやすく耐久性がないため、切れる時はぶつんと一気に切れるので注意が必要です。

・合成皮革製

お手頃価格で、色や柄なども多くバラエティに富んでいます。洗いやすく、はっ水性があり、色落ちなども少ない素材です。カラフルなデザインと耐久性を兼ね揃えているため、人気の高い素材でもあります。表面や端がひび割れてくるので、定期的に買い替えることをおすすめします。

・皮革製

使い始めは硬くても、使うことにより馴染んでくる天然の皮革は、シンプルなデザインの首輪が多いです。丈夫で静電気が発生しにくく、毛も絡みにくい素材になります。また、肌なじみやつけ心地も良いため、質と機能面で選ぶのならば皮革製がベストだといわれています。

このような素材が、犬用首輪の素材としてよく使用されています。首輪は、犬具の中でも消耗品のひとつではありますが、愛犬の首元を飾ってくれる大切なものでもあります。使用するシチュエーションや愛犬に合わせて、首輪の素材を選んでみてはいかがでしょうか。

1/2 Hounds the Goodsでは、ソメス・サドルの牛革製品や1/2 Houndsオリジナルのバッファローレザーリードなどを販売しております。使い心地の良さと耐久性を併せ持つ、皮革製の犬具をお探しでしたら、通販をお気軽にご活用ください。